Archives by Month:
Archives by Category:

感謝とお詫び

おはようございます。

本日は快晴の瑞浪市。

どこまでも青い空が気持ちいいですね〜!


さてさて、昨日ご紹介したニットキャップ。

モニターオーダーのお知らせをしたところ、
想像以上にたくさんの方からご注文、お問い合わせが★!

皆様、ありがとうございます*\(^o^)/*

ただいま10件以上製作待ちを頂いている状況です。

まだ不慣れなところとあり、一つ編みあげるのに数日かかってしまいます。

早速オーダー下さった方々。
ご迷惑をおかけしますが、
どうか寛大にお待ちいただければ幸いですm(_ _)m


そしてそして。

まだまだモニターオーダー承ります!

お日にちに余裕を見ていただける方。
お子様用だけでなく、
パートナーへのプレゼントやご自分へのご褒美など。

是非是非お問い合わせ下さい(*^^*)



また、ニットキャップ以外も承ります。

こちらも、まだまだ精進中ですが、
少しずつ少しずつ、
よりいい作品を目指させて頂ければと。

例えばこんなニットクッションカバーなど。





その他、マフラーやレッグウォーマー、etc.

価格はアイテムによって変動しますので、
まずはご相談下さい。

お問い合わせはこちらまで↓

E-mail pisica4118@yahoo.co.jp

Designer マイ
Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

大雪ですね。

おはようございます。

夜中からオリンピックの開会式を観て。
その後明け方の外を覗いてびっくり!



いやーん!
真っ白ー((((;゚Д゚)))))))


今日は全国的に大雪のようですね。

そんな白い世界には、
色遊びがお似合い!?

ってことで、



鮮やかイエローのパンツを履いてみました(*^^*)

まっすぐに降り落ちる雪の勢いは、
地元・北海道を思い出すほど。



お出かけの皆様、
どうぞ足元に気をつけて!

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

出遅れましたが…

あけましておめでとうございます。

あ、そうです、今更です…(;´Д`A


12月は師走。
お寺勤めではありませんが、
まさに駆け抜けるように日々を過ごし続けた結果、
気が付けば新しい年に。

皆様はどんな年末、そしてお正月を過ごされましたか??


我が家はと言いますと。。



夫のお母様がついて下さったお餅に
人参とレモンバームで飾り付けたお鏡餅を玄関に。

(果物嫌いな我が家にはみかんはありません…(*_*))

「福がどんどん入ってきますように」


年越しは、
日々の疲れが溜まってか、
独り、まさかの22時就寝。

紅白の勝敗は今だに知りません…


初詣へも行きました。



と、その前に初ドライブ★

免許を取って半年。

愛車のラパンちゃんは、
すっかり私に懐いてくれています(?)

1時間半かけ、辿り着いたのは洲原神社。



川辺に佇む、
とても静かで厳かな神社です。



祈願したのは、
Pisicaのますますの邁進、商売繁盛…

ではなく…



はい、いろいろ望むことはありますよね。


皆様も、それぞれたくさんのお願い、そして抱負を神様にお伝えしたことと思います。

一年かけて、
じっくりゆっくり、いろんな力をお借りしながら叶えていきたいですね。


最後に余談ですが。

この寒〜い冬のオススメアイテムを。


これ、なに??

初めて手にした時の私の感想そのものですが、
実はこれ、イヤーマフです。

11月の私の誕生日プレゼントにと、
北海道の母から頂いて以来、
もう手放せない〜♪



裏側に縁取りがあり、
そこに耳を入れ込む仕組み。

あれ?
なんだかアワビみたい(笑)

装着時はこの様な姿。



もじゃっとした感じ、
個人的に好みです。。


耳当てのように、耳を圧迫もしないので、
いつまでも快適にヌクヌクスタイルを楽しめます。

どこで購入出来るかは不明ですが、
気になった方は是非★



長い余談でしたが、
何はともあれ。

今年もPisicaから、
たくさんの新しい作品を発信して行ければと思います。

一日一日が、もっと素敵に、
そしてワクワクするように。

新しい一年も、
どうぞPisicaをよろしくお願い致します。




Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

NEW PARTS 入荷しました☆

JUGEMテーマ:ファッション
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:アンティーク

こんばんは☆

金曜ロードショー「舞妓haaaan」を観ていたら

いつのまにか日付の変わる時間になってしまいました・・・


この映画、個人的には大好きです。

敷居が高くて未知なことだらけの舞妓の世界を

コミカルに描き、

楽しく、そして色鮮やかに魅せてくれる。

それに阿部サダヲのイラッとするほど慌しい演技もおかしくってセリザワさん

ついついお仕事を忘れて見入ってしまいました汗


さてさて。

本日、ヴィンテージの輸入小物を扱うショップから

こんなキュートなパーツを仕入れました。



とーーーーってもリアルなモチーフチャームです。



軽量スプーンはなんと大小セット!

よく見ると、

大さじには「1 TBL SPN」

小さじ「1 SPN」とちゃんと彫られているんですよランチ

う〜ん、ヤラレタ〜セリザワさんハート




中でもお気に入りはコレハート

メガネです。

エッジの効いたフォルムがオシャレなのはもちろん・・・



このサイドのバー(?)の再現もお見事き

(今調べたら、ここ、テンプルって呼ぶんですね!)



前からだけでなく、

その角度からでも楽しめるチャームですね。


ヴィンテージアイテムなので、

入手できたのは各2点ずつのみ。

このレアなNEW PARTSを

どんなキュートなアクセサリーに生まれ変わらせるか。

今からワクワクですハート


Designer  マイ
 
Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

屋久島の海

JUGEMテーマ:写真日記


先日、屋久島の森をご紹介しましたが、

島を囲む海もまた、私達を楽しませてくれます。



屋久島最北の矢箸岬。

車を停め、

静かな茂みを10分ほど進むと、

その灯台はありました。



一湊灯台。

貝殻ほどの小さなタイル張りの灯台です。


今はもう使われていないのか、

周囲は荒れ果て、

電柱が倒れていたり、電線が森に絡まっていたり。


細い岬の先に佇みながら、

自然の猛威に必死に耐えてきたのかもしれません。



270度見渡せる海。



黒い海。

打ち寄せる荒々しい白い波。

自然の力強さを感じます。



あ、パートナーです、ハイ

・・・


この島は花崗岩で出来ています。

もちろんこの岬も。

土が少なく、潮風が吹き荒れるこの場所にも、

こうして木々が生きている。

命の島と呼ばれる由縁なのかもしれません。



続いて、屋久島最西の灯台へ。

スクエアフォルムの一湊灯台とは違い

こちらはどこかかわいらしく、

周囲も優しい景観に



うわー!

まっしろ!!



レンガ造りの灯台として明治時代に建てられ、

太平洋戦争で銃弾を受けながらも、

何度も修復を繰り返し、

今は漆喰の灯台として生まれ変わりました。



この日はホントにいい天気。

木漏れ日が白い壁を照らします。



見とれていると女の子が1人。

なんと大阪からマウンテンバイクで旅しているんだとか!

とってもチャーミングな彼女。

こういう思いがけない出会いも、旅の楽しみの一つですね。



屋久島のビーチと言えば、

そう、海がめの産卵日本一で知られるここ。

永田のいなか浜です。




とっても歩きやすいこのビーチ。

よく見ると

花崗岩や貝殻が砕けてできた

粒子の大きな砂でした。



もうビーサンなんて脱いじゃう!



9月末なのに

水がほんのり温かいなんて。



呼ばれて振り返ると・・・



あ〜あ・・・


8月には海がめの産卵観賞ツアーなどが行われるそう。

本当にキレイなビーチでした。

・・・

屋久島は、とても小さな島。

それを囲む海は、

どこも同じような景色かと思っていました。

けれど実際に見てみると

行く場所場所で全く違う顔。


海だけじゃない。

森も、山も、空も、川も。

それぞれが自分の顔を持ち、

それは天気や時期によって表情をも変える。

島に命が宿り、

その命によって私達人間は生かされているのです。



私は、

この島がとても好きです。


Designer マイ

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

神秘の島・屋久島へ。

JUGEMテーマ:写真日記
JUGEMテーマ:島旅
JUGEMテーマ:〜屋久島の旅〜


お久しぶりです。

2週間近くアトリエを留守にしていました。

実は、、、

先日ウェディングパーティー&ハネムーンに行ってまいりまして・・・


少し前にBlogにもその準備の経過をUPしておりましたが、

ついについに

パーティーのルポはまた後日させて頂くとして、

本日はハネムーンの様子を少々ご紹介。



お気づきの方も多いのでは??

そう、屋久島です。

ずっとずっと憧れていた神秘の島へ行ってきました。


 
屋久島と言えば、

圧倒的な存在感を誇る縄文杉。

少しでもパワーを分けて貰いたい。


会いに行ってきました。


11時間のトレッキングの始まりです。



縄文杉までの道のりの半分は、

トロッコ電車のレール道。

かつては、この森奥の集落と麓の里を結ぶ大切な交通手段でした。

そしてなんと、

今もこのレール、現役だとか!

「人を乗せることはほぼありませんが、

山小屋へモノを運んだり、

けが人が出てしまった場合はこれでレスキューに向かったりするんです」

なるほど。

今でもしっかりと働いているんですね。



屋久島の森には巨木がいっぱい。



私がほんとにちっぽけに見えます。


道の階段はその根。

花崗岩でできたこの島にはほとんど土がなく、

わずかな岩場も苔むして滑りやすく、

登山者にはとても危険なため、

張り巡らされた木の根を足場に登りるしかないのです。


けれど、

本当はこうして私達の足で彼らを傷つけてしまっているのも、また事実。

感謝と謝罪を抱き、

できる限り土を探します。


自然は、

時にとても美しい絵を描きます。



木漏れ日のレース。



力強い曲線の木目。



花崗岩に生きる苔は

まるで

月夜の世界。



茂る森にふさわしいとは程遠い、

ごつごつとした岩場。

この大きな岩こそ、

この島を作り上げている花崗岩です。

島のパワーを感じずにはいられません。



片道6時間弱。

トロッコ道の他、

険しい岩場や森のアップダウンを乗り越え、

ようやく会えました。

樹齢2700年とも7000年とも言われる、

神様・縄文杉です。



圧倒的な存在感。

私達に何を語るでもなく、

ただただ、ここにあり続ける。

目を閉じると、

遠くでささやきが聞こえるような。


静かな大木でした。



帰りには川へ寄り道。



疲れた足をクールダウン。

透き通る水が心まで癒してくれたのでした。



神々が宿る島・屋久島。

実際に訪れると、

そこは想像以上に神秘的で、力強く、そして美しい島。

そこに暮らす人々は、

「この自然に私達は生かされている」

そう言います。


そして、こうも教えてくれました。

「この島は、ほとんどが観光収入。

けれど、無作為に観光を受け入れてばかりいると、この島の自然は死んでしまう。

私達人間が殺してしまう。」


守るべきものは、

この島も、この島の人の暮しも。


まず私達にできるのは、

この島・この森の美しさを知り、

それを残そうと強く思うこと。


訪れる人の心一つで守れるものがある。

この森が静かに諭してくれた気がします。

・・・

屋久島の森、いかがだったでしょうか?

アクセサリーとはまーーーーったく関係のない記事でしたが、

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

ここから受けたインスピレーションは

きっといつかデザインに生きるはず。


次回は屋久島の海をご紹介。

(あ、また関係ないやん、とか言わないでね)

ではでは☆

Designner マイ

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

通っているジム、おススメです。

JUGEMテーマ:フィットネス
JUGEMテーマ:建築

 
おはようございます。

今朝は左肩の筋肉痛で目が覚めました・・・

実は先日からジムに通っています。



神戸でPisicaをスタートさせたのは今から7年半前。

あれから沢山の美味しいものに恵まれ(?)

気が付けば・・・

あ、+8KG〜!!!

どうやってこんなに体重が増えたのか、

と言うよりは、

どうやってあんなにスリムな体型を実現していたのかが謎なくらい

今からでは想像も付かない過去・・・(笑)


確かに30歳を機にあっちもこっちも丸ーくなってきたもんね〜(−−;)

というわけでのジム通いでした。


ジムといっても、

正確には市民体育館。



なんと1回¥250で豊富なマシーンを使い放題なのです!

良心的~☆

一つのスペースに有酸素系はもちろん、

筋力UPを目指したウェイト系も豊富に揃っているので、

面倒くさがりの私でも頑張れる♪

で、頑張りすぎた結果が今朝の筋肉痛でした・・・


ちなみに余談ですが、

建築物大好きな私にとって、

その佇まいの美しさもお気に入りポイント。





気になって調べてみました。
(本気です)


「丹羽英二建築事務所」と言うところの作品で、

なんと照明普及賞受賞&中部建築賞入選も果たしたんだとか!!

まさに芸術作品!

身近にそんなステキ空間があったなんて。



恐らくですが、

特別記載がなかったので

瑞浪以外にお住まいの方でも利用が可能かと。


周辺には大きな化石公園や博物館も。

興味のある方は是非足を運んでみてください☆



と書いたところで、、、

前触れのつもりで綴ったジムの話が長くなってしまったので

ゴメンナサイ、

今日はここまでm(−−)m

新作紹介は次回にさせて頂きます〜



瑞浪市民体育館

http://www.city.mizunami.gifu.jp/gymnasium/


designer マイ

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

アトリエ移転のお知らせ

 スーパーご無沙汰しております・・・。

あまりにもBlogをお休みしていたので、

「辞めちゃったんですか!?」

との声を頂いてしまった始末ですが、

ゴメンナサイ、

そんなつもりは全くなくて・・・(−0−;)



昨シーズンくらいからオーダーが立て続き、

Blogの更新もままならないところでしたが、

加えてデザイナー自身のプライベートが何かとワタワタしてまして、

最近はデスクに向かうことすら困難な状況でした・・・


ご迷惑・ご心配をおかけしてゴメンナサイ。


そのワタワタの一つですが、

タイトルの通り、アトリエを移転しました。



NEW ADDRESS

VILLAGE-sakae A -202,42-9 toki-cho mizunami-city gifu japan
E:mail pisica4118@tyahoo.co.jp


gifu・・・

そう、岐阜です。

まさかの、岐阜ですw




小さな古びたアパートを借り、

ぼろぼろだった扉や床をせっせと私達色に。




大家さんのご好意で、

あれこれカスタムすることができました。



壁にはPisica(ネコ)が走ります(笑)


・・・


神戸でスタートしたPisicaは、

秋田→北海道→東京を経て

今度は岐阜にやってまいりました。

各地を渡り歩いて観た景色、感じた空気を作品に込めて

これからもゆっくりと活動していきたいと思います。


これまで見守ってきてくださった方々。

そして岐阜の皆様。

どうぞ、新しいPisicaをよろしくお願いいたします。


 Pisica Designer マイ

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

ステキな自転車に乗ってみたいとお考えの方へ。

JUGEMテーマ:ロードバイク総合
JUGEMテーマ:東京散歩

 
今日は、
全くアクセサリーとは関係のない記事ですが・・・




最近街を歩いていると
いたるところで目にするステキな自転車。

カラフルで、スマートで。

停まっているだけで
のどかな風景さえおしゃれに見えたり。


実はわたしもそんな自転車に虜な一人です。



こちらは2011年の1月に購入した愛車。


ノーマルな自転車(いわゆるママチャリ)や
タイヤの小さな折りたたみ式の自転車と比べ、
乗り心地も姿勢も
ハンドルの角度さえも違うため、
いざ買うとなると
きちんと乗れるか不安もあったり・・・


そんな方へ、おススメのお店があります。
↓↓↓



TOKYO BIKE GALLERY」

東京都台東区谷中1-5-11
TEL:03-5809-0981
http://tokyobike.com/

スタイリッシュな自転車を展開するTOKYO BIKEの直売店です。

半地下にあるお店の入り口へと
階段をおりると・・・



カラフルな自転車がずらり!



白い壁に柔らかな照明。



飾られたアートのようなフレーム。

見ているだけでも楽しめますね。



どの自転車もかわいい〜!

しかも価格も4万円台〜とかなりリーズナブル。


「ハイ、即決!」
と言う方は是非。

「けど、やっぱり迷う・・・」
そんな方のために、
実はレンタルサイクル(試乗)ができるんです。

↓↓↓
http://www.tokyobike.com/tokyobikegallery/rental/Tokyo-bike-rental.html

一日¥1.000でゆっくりとおしゃれな自転車を楽しめ、
乗り心地を確かめながら
気の向くままに街をお散歩。

気に入ったらその場で購入も。
(おそらくですが、在庫によってはお取り寄になる場合もあるかと)


これば便利なサービスですね。


購入前提でお探しの方はもちろんですが、
観光にもととても便利。

ショップのある上野から浅草・今話題のスカイツリーまで
ゆっくりのんびり自転車観光なんていかがでしょう。



と言うわけで、
先日神戸から遊びに来てくれた友達と私もレンタルしました★

いつもの愛車とは気分を変えて黄緑をチョイス。

初夏の晴天の下、
知らない街をスイスイ〜。

自転車ならではの小道や路地裏散策もでき、
とっても楽しい観光となりました。


ステキな自転車に乗ってみたいとお考えの方へ。

おススメです。
(完全に私個人の感想・推薦でした 笑)


TOKYO BIKE GALLERY

東京都台東区谷中1-5-11
TEL:03-5809-0981
http://tokyobike.com/

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)

根底の響きを探って

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
JUGEMテーマ:ライブ告知
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:京都



いよいよ明日からGWですね。

旅行や行楽。
はたまた心と体をのんびり癒す。

きっと皆様ステキな時間を過ごされるんだと思います。



さて。
今日は、私の友人がこのGWに行う
ちょっと興味深い「コンサート」をご紹介します。

素直に、宣伝ですね(笑)



「音楽」

この言葉でイメージするのは
「リズム」。

「テンポ」、「歌詞」、「流れるような音のつながり」
そう言ったところでしょうか。


ミュージシャン・金崎 亮太くんと出会い、
そのイメージの枠は
とてもとても静かに壊されました。



静まり返った世界に
どんな「音」があるか。



    『「緊張」と言う言葉を音で表現した。』

数年前、
彼の作品を初めて聴いた時の私の感想です。
(本人の意図とは違うかもしれないけど・・・笑)


無機質で
温度を感じない。

そこに耳と心を傾けて
静かにその存在を確かめる。



そんな静寂の「音」とピアノの「ぬくもり」が出会ったら。


ピアニストの三木祐子さんと共に
新しい「音」の世界を提案します。


Piano×Computer

Electro Acoustic Concert

〜根底の響きを探って〜

@京都芸術センター

5/3(木・祝)、
13:30会場・14:00開演
前売り:¥1.800・当日:一般 ¥2.300 学生 ¥1.800



一日限りのコンサートです。
興味のある方は、心から、是非。



根底の響きを探って」
http://www.rytknsk.com/index/top.html


京都芸術センター
http://www.kac.or.jp/




ちなみに私の子供の頃のGWの思い出。

毎年家族6人+両親の友人家族で
北海道の熊石町というところ(自宅から車で5時間!)へ行き
ホッケ釣りを楽しみました。

まだまだ寒い北国のGW。
ごつごつした岩の上で冷たい潮に吹かれながらの一日。

寒かったけど、楽しかったなぁ。

釣れる年は200匹近く釣れた思い出も!

こちらもおススメですよ(笑)


北海道 熊石町

http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/247039/www.town.kumaishi.hokkaido.jp/index.html

Catergory in デザイナーの独り言 comments(0) trackbacks(0)
オンワード樫山公式ファッション通販サイトオンワード樫山公式ショッピング通販サイトJUN Online Shop楽天写真館:8月クーポンキャンペーン